「勝手に木工屋れぽーと」 その3

2013/06/06

2013-06-06-101854
仕事ででる挽き粉は、近所の牛小屋へ持って行きます。
そこで、黒毛和牛さんたちの牛舎に敷き、その後フンとまぜて醗酵させ堆肥となります。
その堆肥は農協などにおろし、農家の人たちが使い大地へと帰っていきます。

お金を掛けるエコ、無理をしてやるエコはなかなか長く続かないと思う。
お互いが助かる、そんな昔ながらの生活が良いのかもしれないですね。

しかし、近所に牛小屋があるここは、どんな場所だ?

このページの先頭へ